マーガリン研究発表
マーガリンはバターよりベターか?
PHOTO 最近の私たちの食生活は、スーパー等で購入した材料に支えられている事が多く、地域の伝統的な食文化とふれあう機会が減ってきている様に思います。そこで今回の研究活動では、マーガリンを通して、食生活と健康との関わりを明らかにし、マーガリンと郷土の食材を上手に組み合わせた料理を研究し日々の食生活に取り入れられるような普及活動にしたいと思います。

実態調査
  アンケート調査(本校生徒266人)
1. 食生活に関するアンケート
普段の食生活に気をつけている生徒は約半数で、約90%の人が毎日朝食を摂っていました。自分の食事摂取が偏っていると思う生徒は「思う」「やや思う」を含めて70%を超えていました。摂りすぎていると思う食品は、多い順に「油脂類」「肉類」「砂糖」でした。
2. 健康に関するアンケート
自分の健康管理に気をつけている生徒は約半数で、体の調子が良くないと感じている生徒は「よく感じる」「時々感じる」を含めて80%を超えていました。
3. マーガリンに関するアンケート
「家庭でパンに塗るもの」がマーガリンの生徒は66.7%で、約半数が「健康に良い」と思っていました。ただし、一週間にマーガリンを食べる日数は約1.5日と少なく感じました。「マーガリンとバターの違い」を答えられる生徒はごく少数で、マーガリンを口にすることは多いが、原料や価格を知っているほど関心は寄せていないように思いました。

研究活動
1.食生活・健康に関するアンケートの分析
朝食の摂取については、日本学校保健会による調査(1995年)の結果と比較すると15%程度高く、朝食の欠食が増加する中で本校では良い結果が得られました。また、油脂類を摂り過ぎていると感じている生徒に、その適正量と油脂類の質について、マーガリンを通じて理解してもらう必要性を感じました。
健康面に関しては、8割を超す生徒が体の不調を感じつつも、健康と関係の深い食生活に関して半数の生徒が気をつけていないことに問題があるように思いました。
2. マーガリンに関するアンケートの分析
パンに塗るものは、バター7.5%に対してマーガリンが66.7%と圧倒的にマーガリン派が多いことから、現在マーガリンは広く家庭に普及しているものと思われました。その理由に安い・おいしい・健康に良い・塗りやすいなどがありました。そこで研究活動ではそれらの項目について調査しています。
健康に良いのはマーガリンと思う生徒は、バターと比較して2倍いました。理由としてどちらにも「油が少なそう」という回答がみられ、油の量に対する印象や感覚は人によってことなるものと思われました。
3. マーガリンの市場調査の分析・考察
松江市・仁多郡・安来市の合計9店舗で市場調査を実施しました。100gあたりの平均価格はバター214.0円、マーガリン96.6円とマーガリンの方が約117円も安かったです。1店舗あたりの販売種類の平均は、バター約6種類、マーガリン12種類でマーガリンが商品陳列の3分の2を占めることになります。またマーガリンの中でも3分の2がファットスプレッドと呼ばれる種類でした。
4.マーガリンに関するインターネット調査
5.脂質に関する文献調査
マーガリンには、様々な脂肪酸が含まれていますが、バターと異なり、不飽和脂肪酸が多く、飽和脂肪酸が少ないので総合すると健康上良いものといえるのではないかと思います。
6.バターとマーガリンのおいしさ比較調査
バター・マーガリン・ファットスプレッドの食べくらべを75人の生徒を対象に実施しました。比較項目は、味・油っぽさ・その他の特徴です。味について、バターは塩からく、マーガリンは味がうすく、ファットスプレッドはその中間的な印象のようです。
7.仁多郡の特産物調査を利用した料理
特産品のきのこを利用したマーガリン料理コンテストを実施しました。
8.ホームプロジェクト活動

普及活動
1.マーガリン新聞の発行
6月から毎月1回発行しました。内容はアンケート結果報告、マーガリンに関したことで大変興味を持って読んでいただきました。
2.地域の方とマーガリン料理の講習会
「ハーブマフィン」「ヤージマーガリン」を横田町馬木地区の婦人会の方と作りました。
3.学園祭の展示・「そばクッキー」の販売
マーガリンの歴史・種類・栄養価・バターとの違い等を模造紙にまとめて展示しました。.また簡単に作れて普及しやすいものをと、地元特産のそば粉を使って「そばクッキー」を販売しました。
4.マーガリン料理コンテスト
授業を通じて「マーガリン料理コンテスト」を募集しました。その結果14作品を試作しました。
5.マーガリン料理講習会
「そばマフィン」「そばクッキー」をしました。
6.横田保育所の訪問
マーガリンで作ったチーズケーキを保育所の方々に試食していただきました。とても好評でした。

まとめ
主題「マーガリンはバターよりベターか」について次のような結果が得られました。
 【価格】
  マーガリンはバターの半分の価格で、種類は2倍あり、消費者の好みや目的に応じて
  選ぶことができます。
 【おいしさ】
  大部分の生徒がバターよりもマーガリンの方がおいしいと支持しました。
  また、マーガリンの方が軟らかく、塗りやすいので使いやすいと思います。
 【栄養】
  マーガリンは必須脂肪酸を含む、不飽和脂肪酸の量が多いので、健康に良いもの
  と思われます。また、1回使用量あたりの食塩量はバターの約半分で、望ましい
  ものと思いました。
今回の研究活動を通して、マーガリンをより身近に感じ、種類や栄養について発見がありました。
オリジナル料理を考えることも楽しい活動でした。
今後も、地域の方々との交流しながら、マーガリンの新しい魅力を探って行きたいと思います。
●活動推進者●
 足立紗織 藤原久美子 勝部嘉奈子 川西沙織
 渡部あずさ 藤原裕美 北村 恵 野原麻衣子 (指導:山田あかね) 

閉じる
Copyright (C) 2004 日本マーガリン工業会 All Rights Reserved.